ものづくりをしていて嬉しいできごと

こんにちは。風の強さに悩ましい季節になりました。。

 

今日はおなじみsai kasumiごはんさんでzpagettiのポシェット作りでした♩

zpagettiワークショップ

かぎ針はほぼ初めてという皆さんでしたが、コツをつかんでスイスイ〜と完成しておりました!

 

pomponnerのzpagettiのワークショップの秘密

『初めてさんでも大丈夫!』をキャッチフレーズに開催を続けていますが、
本当に初めての人でも『あ・・・編めるの⁉︎』とよく聞かれます。

大丈夫です!
そう言えるのには4つの理由があります。

 

基本の編み方しか使いません

かぎ針編みには様々な編み方があります。
基本の編み方は『鎖編み・細編み・引き抜き編み』。
pomponnerのワークショップではこの3つしか使わないので、全く初めてでもスイスイ編めるようになります。

 

zpagettiは編み物の中でもっとも編みやすい糸です

太さの違い

一般的な毛糸の太さと比較してみます。

左が極太・8号針、右がzpagetti・12ミリの針です。
その違いは歴然ですね。
太けければ太いほど編み目が大きくなり、針を入れるところがわかりやすいですので、
zpagettiは初心者さんにとって都合のいい太さと言えます。

 

編み方の仕組みはじっくり説明します

編み物の仕組みを編み物本で見ると『・・・?』。
文章を読んでも全く頭に染み渡ってこない。
静止画と活字だけではどうしても挫折してしまいます。

ワークショップでは毎回、糸のかけ方から立ち上がりの意味まで、
円を大きく編む仕組みも丁寧にお教えしています。

もしお家で分からなくなったらいつでも連絡してください♩
私の経験上、たくさんメールやLINEが来た人ほど上達しています。

 

ワンストップで完成します

zpagettiポシェット小学生

pomponnerのzpagettiのポシェットやマルシェバッグは継ぎ目がありません。
ポシェットのボタンループも編み途中で作ります。

編み物ってパーツの数が多いほど、糸端の処理を多くしなければなりません。
これが結構煩わしいのです。

zpagettiのワークショップでは、なるべく継ぎ目がないように考案しているので
初心者さんでもワンストップ=編み進めるだけで形になります。

 

ただひたすら編んでたらカタチになった!が、初めてさんでもできる秘密です。

(ただ残念なことに、pomponnerオリジナルのコットンサンダルは鼻緒が少し厄介です・・。いかに工程を減らすか、に頭をフル回転しております)

 

いつもより30分も早く皆さん完成しました。

可愛いですね♩

今日のzpagetti

お待ちかねのランチタイムもお話に花が咲きました♩

sai kasumiごはん

 

 

 

私は初めてのご参加の方には『どうやってこのワークショップを知りましたか?』とお尋ねしています。

今日いらっしゃった方の中に、わざわざ都内から足を運んでくださった方がいらっしゃいました。
うかがったら、なんと私の作品をネットショップで買ったことがある、とのこと・・・!

 

これはたまげました・・・
2年前といえば次女を出産した年なのですが、その時の思い出がよみがえりました。
まだイベントなどに出店する前は、もっぱらネットショップでの販売だった私ですが、
お顔が見えない分、頭のサイズ感がみんな違うことにとても心配したり(サイズが合わなかったらどうしようと毎回毎回発送するときはドキドキでした)、注文に間に合わず2か月待っていただいたり・・。

 

細々と続けて何年か経ちましたが、かつてご購入いただいた方にお会い出来るなんて。

とても可愛くてお気に入りだったとお話ししてくれて、とっても嬉しかったです。

 

今日の出来事に感謝し、精進していきたいです。

READ  saiのいちのワークショップ・8月の予定

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください