【zpagetti】どれくらいの強さで編みばいいの?〜鎖編み〜

 

zpagettiに限らず、のお話2回目です。

 

今日はzpagettiで鎖編みを編むときのポイントをお話ししたいと思います。

 

ポイントは「糸一本分」です♩

 

 




zpagettiで鎖編みは糸1本分がポイントです

 

鎖編みを編む時に、どんどん指を引っ張って鎖がきつくなってしまうことがあります。

 

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerでのzpagettiレッスン

三つ編みのように連なっている部分がキツキツです。

 

これでは次の段の時に裏山を拾うのが大変!

鎖から裏山を拾って細編みするのが一番最初の難関なのですが、
難関をもっと困難にさせてしまう原因が「きつく編んでしまう」事なのです。

 

 

 

逆にゆるすぎても良くないです。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerでのzpagettiレッスン

ゆるすぎると、ひとつひとつの鎖が均一な大きさでなくなってしまいます。
次の段では裏山は拾いやすいけど・・・ここだけ緩くいびつになってしまいますよね。

 

 

 

一番ベストな加減がこちら。

緩くなくきつくなく、均一な大きさで編まれています。

 

ポイントは「糸一本分」。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerでのzpagettiレッスン

糸を巻きつけて引き出した時、編んでいる糸が1本分入るくらいのゆとりがベストです。

 

 

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerでのzpagettiレッスン

こんな感じに!実際は入れないですけど。

 

 

 

自分の鎖編みが、糸一本分入るくらいのゆとりかな〜?と

編んだ時に確認してみてください^^

 

 




READ  スレッドコードの編み方【動画レッスン】

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください