かぎ針編みの基礎

かぎ針編みで編み目を間違えないたった一つの裏ワザ

 

かぎ針編みをしていて生徒さんから寄せられる相談は、

「どこに編んでいいのか・いけないのかわからない」

「どこで増し目・減らし目すればいいのかわからない」

「段の終わりがわからない」

 

といった、

どこに編めばいいのか問題です。

 

 

これらの問題にまるっと解決できる

たった一つの裏技をご紹介します。

 

 

1本用意!フリクションマーカー

 

私が生徒さんに必ず購入を勧めているのが

フリクションマーカーです。

 

 

 

 

かぎ針編みで差麦わら帽子を編む時に、印をつけるのに便利なフリクションマーカーの画像

 

これは事務用品なのですが、

編み物にマストアイテムといっていいほどオススメなのです。

 

こすって消えるフリクションマーカーは、

摩擦熱で色が消えるのが特徴です。

 

この『摩擦熱』というのは

だいたい60℃くらいで消えるのだそう。

 

このマーカーを使って間違えそうなところに色を塗り、

作品が完成した時にスチームアイロンをかけてしまえば

 

色が消える!!! のです。

フリクションマーカーはアイロンのスチームを当てると色が消えるので、目印を消しやすく便利です。

 

 

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが公開している動画レッスンの様子。

このように目印を付けておけば、

次の段でこの目に来た時に、

「あ!2目編み入れる目だ!」

「あ!ここは引きぬき編みだから編んじゃいけないんだ」

 

と、自分で気づけるので、間違いがググン!と減るのです。

 

 

 

かぎ針編みで間違えやすいところはココ!

 

かぎ針編みで作品を編んでいる時に迷うところは

円と四角形で違います。

 

円を編む時

円は立ち上がり・引きぬき編み・1目目の区別がつきにくいです。

 

例えば、二重の輪を作り1段目を編んだ時、

1目めに印を付けておけば、

輪を引き締めた後に引きぬき編みをするところがすぐにわかりますよね!

 

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが公開している動画レッスンの画像。円を細編みで6目編んだところの1段目。

 

また、2段目以降は【2目編み入れる】と【1目だけ編む】ところが出てくるので、

2色使って識別すると、一目瞭然!

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが星の編み方の2段目を説明している様子

 

上の写真では、オレンジには2目編み入れて緑には1目だけ編む

というようにルールを作って編み間違いを防ぎましょう!

 

 

四角形を編む時

 

くさり編みから始まる編み地を作る時、

・くさり編みから立ち上がりの境界

・目の端がどこか

の2点が特に間違えやすいポイントです。

 

たとえば、長編みを編んでいる時立ち上がりはくさり編み3目ですが

立ち上がりの3目目の半目と裏山に色を塗っておけば、

編み進めていった時にどこに目ばいいのかすぐにわかりますね。

埼玉県所沢市の編み物教室poponnnerがかぎ針編みの羽根のモチーフの編み方を教えている様子。

埼玉県所沢市の編み物教室poponnnerがかぎ針編みの羽根のモチーフの編み方を教えている画像。

 

 

くさり編みはご覧の通り、立ち上がりとくさり編みの境目がわかりません。

そんな時立ち上がりに印をつければ、

境界がわかり、間違えることはありませんね。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerがくさり編みを教える画像

 

 

 

編み目マーカーは使えない?

 

編み物グッズの中には「編み目マーカー」というアイテムがあります。

この編み目マーカーも、編み目や段数を忘れないようにつけるアイテムです。

 

かぎ針編みでとんがり帽子を編んでいるところ。30段目を細編みで編み進めている。

 

「じゃあこの編み目マーカーでもいいじゃない?」と思われると思いますが、

 

この編み目マーカー、弱点があるのです。

 

 

 

 

『スルリと落ちてしまう・・・』

 

 

これでは、印を付けておきたいのに意味がありません。。

 

 

チャコペンと一緒じゃないの?

 

裁縫用品にチャコペンというものがあります。

フリクションマーカーと同じ水性ペンで、

生地に型紙の線を引く時に使うアイテムです。

 

お裁縫好きな方なら、裁縫箱に一つはお持ちかと思います。

 

「じゃあこれでいいじゃん!」と思われるかと思いますが、

 

チャコペンにもやや弱点がありました。

 

 

 

『時間が経つと消えてしまう・・』

 

 

これは、チャコペンの種類にもよるのでしょうか?

私が今まで使ったチャコペンは、ほとんどが時間の経過とともに消えてしまいました。

 

編み物をすると、途中で中断→翌日に再開というパターンもあると思います。

 

そんな時に、印が消えていたら・・・せっかくの目印の意味がなくなってしまいますね。

 

また、消す時には専用の消しマーカーが必要です。

フリクションペンならアイロンの蒸気を当てるだけで全て消えるので、

手軽さからもフリクションマーカーはおすすめですよ♪

 

ペンタイプでない「チャコ」もありますが、

これは摩擦で落ちてしまうことが多いので、やはりお勧めできません。

 

 

編み物を始めてまずつまづく

「どこに編めばいいのか問題」

「どこを編んじゃいけないの?問題」

 

フリクションマーカーを使って目印をつける、このことを習慣化することで

・2目編み入れる箇所

・引きぬき編み&立ち上がり

・段の端の目

が一目でわかります。

 

そしてフリクションマーカーは、アイロンの蒸気でシュッ!!!と消える手軽さ!

 

事務用品で見つけた画期的なアイテムで

これらの悩みに終止符を打ちましょう!

 

おすすめ記事

かぎ針編みの基礎レッスン【円の編み方前編】

かぎ針編みの基礎レッスン【円の編み方後編】

 

 

-かぎ針編みの基礎
-,

© 2020 我が子に編みたいかぎ針編みpomponnerポンポネ Powered by AFFINGER5