かぎ針編みの基礎レッスン【糸のかけ方】

 







 

かぎ針編みを自分で編んでみたい!教室に通うタイミングがない!

そんな方のために、基本のキのお話です。

糸のかけ方にはコツがあるのでご紹介します。

 

間違えて覚えてしまうと、編み地がきつくなる原因になるので、今ここでしっかり覚えましょう!

 

 

かぎ針を持つ前に!糸のかけ方

 

右利きの方

 

左手の手のひらを上にして、小指と薬指の間に糸を挟みます。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが教える左利きの場合の糸のかけ方

この時、糸は下から上に挟みます。

 

中指の上を通り、

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが教える糸のかけ方で中指を通る様子

 

人差し指で返ってきます。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが教える糸のかけ方で人差し指で糸を返す様子

糸を親指と中指でつまんで完成!

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが教える糸のかけた後に指でつまむ様子

左利きの方

 

左利きの場合はこの逆です。

写真を反転してみましょう。

 

 

右手の小指と薬指の間に糸を挟み、

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが教える糸のかけ方の様子

中指の上を通って、人差し指で返ってきます。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが教える左利きの場合の糸のかけ方の様子

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが教える左利きの場合の糸のかけ方の様子

 

 

糸を親指と中指で挟んで完成です!

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが教える左利きの場合の糸のかけ方の様子

 

 

この形・・影絵のキツネに似てますよね。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが教える糸のかけた後に指でつまむ様子

 

中指を人差し指と間違えてしまうことがあるので、

【糸のかけ方はキツネの影絵】

と覚えると忘れずに済みますよ♫

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが教える糸のかけ方で、指でつまんだ様子

 










糸がずれて編みにくい時の対処法

 

編んでいる途中で糸がユルユルで、ずれてしまい編みにくい!

 

そんな時は中指から返ってくる糸が指の根元にいませんか?

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが教える糸のかけ方で間違った例の画像

かぎ針で編む時は糸が張っていないと綺麗に編めないので、

糸が指の第一関節のあたりにあるのがベストです。

 

その他に、糸がゆるくなってしまう原因が小指と薬指の間です。

ここでしっかり挟まないと糸が遊んでしまい、

緩みを直そうと左手全体に余計な力が入ってしまします。

 

また、持ち方を自己流に変えてしまい、ぎゅっと握り込んでしまう持ち方に。

 

これらは結果的に編み方にも支障が出てしまい、ゲージ通りに編めなくなってしまうのです。

 

 

 

 

糸を持つ左手(右手)も、針を持つ手も、そこまで力が入ることはありませんので、

もし編んでいて「手が疲れるなぁ」と感じる方は、持ち方を意識すると改善されますよ♫










READ  麦わらのとんがり帽子の編み方①編み始め〜8段目まで

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください