かぎ針編みの基礎レッスン【細編み】










かぎ針編みの基礎レッスン、3回目は細編みにチャレンジ!

かぎ針編みで作品を編む時に必ずや使う基本の編み方です。

動画付きですのでじっくりマスターしましょう♫

細編みの編み方

細編みで大切なのは、隣り合う細編み同士が同じ大きさになること。

糸の引き出し加減でキレイに編めるようになります。










細編みを編む時のポイント

糸の巻きつけ方

くさり編みの回でも言いましたが、巻きつけ方は常に同じでないといけません。

細編みを編む時に巻きつけ方が異なると、編み目も変わってしまうので

一目見ればわかる人にはわかってしまうのです・・・

『この人、基本がなってないな』って。

せっかく編み物に夢中になり始めてきたのに、

間違った編み方を覚えてしまっては悲しいですから、

糸の巻きつけ方は特に意識しましょう!

【かぎ針の背で糸を押し上げるように、下から巻きつける】

です。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが細編みの糸の巻きつけ方を教える画像

巻きつけた後は糸が上からかぶさっています。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが細編みの糸の巻きつけ方を教える画像

糸の引き出し加減は均等に

糸を巻きつけて裏山から引き出すときにポイントがあります。

糸は引き出すとき、かぎ針は編み地(くさり編み)に水平になるまで引き出すと

細編みの足がしっかりと作れて、バランスの良い細編みになります。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが細編みを教える画像

これが編み地に対して斜めだと

細編みに足がしっかりと引き出せず、小さい細編みが出来上がります。

常に水平になるように意識しながら編んでみてください。

この時に、糸をかけている左手の人差し指がしっかり糸を引っ掛けていないと、

水平に引き出したつもりでも1目1目がいびつな細編みになってしまいますので注意しましょう。

人差し指が立ってないと、引き出す長さがバラバラになります。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerでのzpagettiレッスン

人差し指で糸をしっかり引っ掛けると、

人差し指とかぎ針同士が糸を引っ張りあって、

均一な細編みになります。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerでのzpagettiレッスン

均一な細編みになると次の段も編みやすくなりますよ♫

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが細編みを教える画像

【関連記事】【zpagetti】どれくらいの強さで編みばいいの?〜細編み〜










READ  かぎ針編み教室pomponnerってどんなところ?

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください