くさり編み

かぎ針編みの基礎

かぎ針編みの基礎レッスン【くさり編み】

 

かぎ針編みの基礎のお話2回目。

糸がかけられたら次はくさり編みに挑戦です!

動画の説明もありますよ♫

 

 

 

くさり編みとは?

くさり編み

 

 

くさり編みは名前の通り、チェーンが連なったような編み目になります。

 

 

かぎ針編みで作品を作る時の【作り目】として編むことがほとんどです。

 

 

本にはよく 『作り目30目編み、1段目を編みます』 といった言い回しがされています。

 

 

 

つまり、

作り目のくさり編みは1段として数えない!ので要注意です。

 

くさり編みの端の目を作る

作り目の編み方

右利きの方

 

針を持ち、左手にかかった糸の向こう側に置きます。針先は今、9時の方向にいます。

糸のかけ方右

これを、反時計回りに→6時→3時→12時→9時と 1周回します。

 

糸が針に巻きつきました。

糸が巻きついたところ

 

 

巻きついて交差している糸をつまみ直します。

交差したところ

 

 

針を糸に巻きつけます。

糸を巻きつける

 

 

 

巻きつける方向に注意!

かぎ針の背で糸を押し上げるように、下から巻きつけます。

糸を巻きつける2

 

 

 

 

巻きついた糸に引き抜きます。

かぎ針を引き抜く

 

 

 

 

 

 

糸端を引っ張り、結び目を引き締めて完成!

作り目の完成

 

この時に、長い方の糸(毛糸玉につながっている方)を引っ張ると動き、短かいほうの糸(糸端)は動きません。

 

左利きの方

写真を反転します。

針を持ち、右手にかかった糸の向こう側に置きます。

糸の掛け方左

針先は今3時の方向にいます。これを、時計回りに→6時→9時→12時→3時と 1周回します。

 

 

 

糸が針に巻きつきました。

糸が巻きついたところ

 

 

 

 

巻きついて交差している糸をつまみ直します。

糸を摘んでいるところ

 

巻きつける方向に注意しながら、かぎ針の背で糸を押し上げるように、下から巻きつけます。

糸を巻きつける

糸が巻きついたところ

 

 

 

 

巻きついた糸に引き抜きます。

針を引き抜いたところ

 

 

 

 

糸端を引っ張り、結び目を引き締めて完成です。

作り目の完成

 

くさり編みの編み方

くさり編み

 

 

 

ここからくさり編みを編んでいきます。

 

 

くさり編みの編み方

 

糸の巻きつけ方は、端の目を作った時と同じです。つまむ指を持ち変えるようにすると 格段と編みやすくなります。これはかぎ針とつまむ指が離れてしまうと 針がブレやすくなり、糸を引き抜きにくくなってしまうのを防ぐためです。

糸が引き抜きにくくなると無理な力が入ってしまい、きつい鎖編みになってしまうのです。

 

きついくさり編みって!?どのくらいのくさり編みが理想なの?

 

くさり編み

 

糸を巻きつけて引き抜いた時【針にかかっているループに糸が1本入る余裕がある】を意識しながら編んでみましょう。

くさり編みの大きさが均等になり、綺麗な編み目になりますよ。

 

くさり編みの表と裏の見方

 

くさり編みが完成しました!

 

表です。

くさり編み

 

くさり編みは表から見ると2本で1目です。

1目のうちのどちらか片方を【半目】と呼びます。

実際には『上の半目を拾いましょう』『奥の半目を拾い・・』などの説明で使います。

 

裏から見ると、

くさり編みの裏山

ポコポコとコブのような目が現れます()コブのようなものを 【裏山】 と言います。それぞれの名称を覚えておきましょう。

\カンタンに帽子のサイズ変更ができる/

  

親子でおそろいの麦わら帽子を作りたい方のためにピッタリサイズの麦わら帽子が編めるテキストを作りました。

12パターンの編み図&ぴったりサイズの編み目表が作れる表計算シート付き

難しいことは一切なし!細編みだけで麦わら帽子が編めちゃいます♪

     

\サイズ変更に特化したテキスト/

ピッタリサイズの麦わら帽子を編む方法

     

メルマガ登録でテキスト購入に使えるクーポンをプレゼント中です。

 
  クーポンを受け取る

-かぎ針編みの基礎
-,