かぎ針編みの基礎レッスン【くさり編み】




 

 

 

かぎ針編みの基礎のお話2回目。

糸がかけられたら次はくさり編みに挑戦です!

動画の説明もありますよ♫

 

 

 

くさり編みとは?

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerがくさり編みを教える画像

 

 

くさり編みは名前の通り、チェーンが連なったような編み目になります。

 

 

かぎ針編みで作品を作る時の【作り目】として編むことがほとんどです。

 

 

本にはよく 『作り目30目編み、1段目を編みます』 といった言い回しがされています。

 

 

 

つまり、

作り目のくさり編みは1段として数えない!ので要注意です。

 

 

(私も昔間違えて覚えていました・・・当時の生徒さん、ごめんなさい・・)

 

 

 

 

くさり編みの端の目を作る

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが基礎の編み方を教える様子

 

 

 

右利きの方

 

針を持ち、左手にかかった糸の向こう側に置きます。

 

 

【関連記事】かぎ針編みの基礎レッスン【糸のかけ方】

 

 

 

針先は今、9時の方向にいます。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが基礎の編み方で反時計回りを教える様子

 

 

これを、反時計回りに→6時→3時→12時→9時と 1周回します。

 

糸が針に巻きつきました。☆

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが基礎の編み方を教える様子

 

 

巻きついて交差している糸をつまみ直します。

→次の工程が格段と楽になるのです。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが基礎の編み方を教える様子

 

 

 

 

針を糸に巻きつけます。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが基礎の編み方を教える時の針の回し方の様子

 

 

 

巻きつける方向に注意!

かぎ針の背で糸を押し上げるように、下から巻きつけます。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが基礎の編み方を教える様子

 

 

 

 

☆の巻きついた糸に引き抜きます。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが基礎の編み方を教える様子

 

 

 

 

 

 

糸端を引っ張り、結び目を引き締めて完成!

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが基礎の編み方を教える様子

 

 

 

 

この時に、長い方の糸(毛糸玉につながっている方)を引っ張ると動き、

短かいほうの糸(糸端)は動きません。

 

 

 

動く糸が逆だと、1段目を編んでいるうちに端の目が大きく広がってきてしまうので、

端の目の作り方もしっかりマスターしましょう!

 

 

 

 

 

左利きの方

写真を反転します。

 

 

 

針を持ち、右手にかかった糸の向こう側に置きます。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが左利きの場合の基礎の編み方を教える様子

 

 

 

針先は今、3時の方向にいます。

 

これを、時計回りに→6時→9時→12時→3時と 1周回します。

 

 

 

糸が針に巻きつきました。☆

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが左利きの場合の基礎の編み方を教える様子

 

 

 

 

巻きついて交差している糸をつまみ直します。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが左利きの場合の基礎の編み方を教える様子

 

 

 

巻きつける方向に注意しながら、かぎ針の背で糸を押し上げるように、下から巻きつけます。

 

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが左利きの場合の基礎の編み方を教える様子

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが左利きの場合の基礎の編み方を教える様子

 

 

 

 

☆の巻きついた糸に引き抜きます。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが左利きの場合の基礎の編み方を教える様子

 

 

 

 

糸端を引っ張り、結び目を引き締めて完成です。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが左利きの場合の基礎の編み方を教える様子

 

 

 

 

 

くさり編みの編み方

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが鎖編みを編んでいる画像

 

 

 

ここからくさり編みを編んでいきます。

 

 

 

 

 

 

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerがくさり編みの糸の巻きつけ方を教える画像

 

糸の巻きつけ方は、端の目を作った時と同じです。

 

 

 

 

言葉で説明すると

・針の背から押し上げるように

・内側から巻きつける

 

 

 

などの言いまわしで説明がされていることが多いですが、

初めて針を持つ方からしたらなんのこっちや!?ですよね・・・。

 

 

 

動画で是非確認してみてくださいね♫

 

 

 

また、くさり編みは2・3目編んだら、

つまむ指を持ち変えるようにすると 格段と編みやすくなります。

 

 

 

これはかぎ針とつまむ指が離れてしまうと 針がブレやすくなり、

糸を引き抜きにくくなってしまうのを防ぐためです。

 

 

 

糸が引き抜きにくくなると無理な力が入ってしまい、

ひいてはきつい鎖編みになってしまうのです。

 

 

 

 

 

きついくさり編みって!?どのくらいのくさり編みが理想なの?

 

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerがくさり編みの糸の巻きつけ方を教える画像

 

 

 

 

糸を巻きつけて引き抜いた時、

【針にかかっているループに糸が1本入る余裕がある】

 

を意識しながら編んでみましょう。

 

 

 

くさり編みの大きさが均等になり、綺麗な編み目になりますよ♫

 

 

 

 

 

くさり編みの表と裏の見方

 

くさり編みが完成しました!

 

 

 

 

表です。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerがくさり編みを教える画像

 

 

 

くさり編みは表から見ると2本で1目です。

1目のうちのどちらか片方を【半目】と呼びます。

 

 

 

実際には

・上の半目を拾いましょう

・奥の半目を拾い・・

などの説明で使います。

 

 

 

裏から見ると、、

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerがくさり編みを教える画像

 

READ  【動画レッスン】大きさ自在!星のモチーフの編み方

 

 

ポコポコとコブのような目が現れます(

 

 

コブのようなものを 【裏山】 と言います。

それぞれの名称を覚えておきましょう♫




この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください