かぎ針編みの基礎レッスン【立ち上がり】




かぎ針編みの基礎の編み方レッスン。

4回目は【細編みの2段目】です。

「立ち上がり」って一体何??

 

立ち上がり=ハシゴ と理解するとわかりやすいですよ♫

 

 

細編みの編み方

 

立ち上がりとは?

 

立ち上がりっていきなり説明に出てきて「!?」となったことありませんか?

立ち上がりは四角いものを編む時(鎖編みから編み地を作る時)は必ず出てくる用語です。

 

「立ち上がり」という名前だけど、実はくさり編み。

何も難しいことはありません☆

 

動画で確認しましょう。

 

 

 

 

 

立ちあがりを詳しく解説!(細編み)

1段目の細編みが編めたら、

 

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが細編みから立ち上がりを説明する画像

 

 

 

立ち上がり  を1目編みます。

 

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが細編みから立ち上がりを説明する画像

 

立ち上がりとは、次の段に進むために編む、ハシゴのような役割の目です。

 

立ち上がり= くさり編み

 

なので、くさり編みを1目余分に編みます。

 

 

この立ち上がりは、次に編む編み方の高さの分だけくさり編みを編みます。

 

細編み  =  くさり編み1目

中長編み  =  くさり編み2目

長編み  =くさり編み3目

 

と言ったかんじです。

(長編みは次回説明します)

 

 

立ちあがりが編めたら編み地を向こう側へ返します。(反時計回り)

 




2段目の細編みを編む

 

2段目は糸を2本拾う

 

ここから2段目に入ります。

 

立ちあがりのすぐ下の目から編み始めます。

 

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが細編みから立ち上がりを説明する画像

ここです。これが1目めを編むところです。

 

【細編み=立ち上がりをしたすぐ下の目 から編む】

 

と覚えておきましょう!

 

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが2段めの細編みを説明する画像

 

2段め以降は前段の目の下に針を入れる

 

鎖編みから細編みを編んだ1段目は、

「くさり編みの裏山」を拾って細編みを編みました。

 

2段目以降は裏山が見当たらないので、

前段の目(ここでは1段目の細編みの目)の頭を拾って細編みを編みます。

 

この時、裏山の場合は糸は1本でしたが

2段目以降は目の頭2本を拾います。

 

半目だけ拾ってはダメです!

(すじ編みという、違う編み方になります)

 

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerが細編みを説明する画像

細編みが編めました!

 

2目以降も同じように編んでいきましょう!

 

 




 

READ  円の編み方2〜立ち上がりをしないで編む〜

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください