解いた毛糸を綺麗に伸ばす方法(エコアンダリヤ)

 

 

夏に編みたい麦わら帽子や籠バッグ。

編み進めていくうちに、

『あれ?間違えた!』

ほどいてやり直しだ~。

そんなコト、ありますよね。

エコアンダリヤを使って編んだバッグを解いた後の画像

 

でも夏に使うレーヨンや特殊繊維の糸って、

解くと編み痕がついてウネウネ・・

 

 

このまま編むと繊維のヨリがキツくなり、

 

固くて細い糸になってしまい、仕上がりに差が出てしまいます。

 

 

解いた後の糸をキレイに伸ばす方法

 

麦わら帽子やかごバッグに使う毛糸。

 

夏に編みたいアイテムといえば

 

□麦わら帽子

□かごバッグ

 

は王道ですよね。

埼玉県所沢市の編み物教室pomponnerで作れるエコアンダリヤのバケツバッグの画像

 

これらは大抵、レーヨンか特殊繊維を使って編むことが多いです。(麻=ヘンプを使うことも)

 

夏に使いたい糸の種類についてはコチラ

夏に使いたい毛糸【レーヨンと特殊繊維】

 

 

 

編み進めていく時に間違えて解いた時に起きる現象

 

 

これらの毛糸を編んでいて、間違えた時にほどくと、

 

コットンやウールの毛糸と同じように(いや、それ以上に)ちぢれ麺のように癖が強く残ってしまいます。

 

エコアンダリヤを使って編んだバッグを解いた様子。このままでは縮れて編みにくいです。

こんな感じに。

 

 

編みぐせがついて、撚りが強くなって、新品よりも細く固い糸に。

 

 

このまままた編み始めると

 

糸の太さが変わってしまい、

編み目に不自然に穴が開き、

 

綺麗な編地に仕上がりません!!

 

 

手でほぐしてもいいですが、根気がいる作業…

 

 

 

アイロンを使って元に戻す

 

 

そんな時は、アイロンを使って元に戻します。

 

アイロンがけするのではなく、

 

 

スチームアイロンの蒸気を当てるのです。

 

 

中温~高温に温度設定したら、

 

 

 

大量のスチームをちぢれ麺にシューーーーっ!!!!

 

解いて縮れたエコアンダリヤにスチームアイロンを当てている様子。

 

 

2~5センチほど浮かせてスチームを当てましょう。

 

 

 

キレイにもどりました!

 

 

 

かぎ針編みで編んで解いたエコアンダリヤにスチームアイロンをかけた画像。

 

 

このままだと絡まってしまうので、

 

 

指を使って8の字に巻いていき、

解いたエコアンダリヤを八の字に巻き直すと扱いやすくなります。

 

山折りにして毛糸玉の中に入れ込むと編みやすいです。

 

八の字に巻いたエコアンダリヤを指から抜いたら

解いたエコアンダリヤを八の字に巻いたところ

 

真ん中で半分に山折りに。

八の字に巻いたエコアンダリヤを山折りにしたところ

 

そのまま毛糸玉の穴に詰めればOK!

編む時もするする出てきて扱いやすいです。

八の字に巻いて山折りにしたエコアンダリヤを毛糸玉の中へ押し入れる

 

 

 

いかがでしょうか?

 

 

もちろんコットンやウールの毛糸でも同じように癖直しが出来ます。

 

 

一度編んだ後の毛糸はくせが強く、綺麗な編地になりません。

 

 

ちょっとしたひと手間で作品作りの差が出てくるので、ぜひ試してみてくださいね✰*。

 

 





READ  saiのいちのお知らせ