作品の作り方・中級

お子様に人気!クマのヘアゴムの編み方

pomponnerオリジナル図案!

北欧風の可愛いクマのマスコットです。

編み物教室pomponnerが編んだクマのマスコットの画像

ヘアゴムにしてもブローチにしてもおすすめです。

今回は超お手軽にヘアゴムに仕上げました。

 

 

使用した毛糸

 

お子様にぜひ作ってほしい可愛いくまのマスコット、

今回はヘアゴムに仕立てました。

 

細編みと中長編みで作ります。

基本の編み方だけで出来るので、初心者さんにオススメです。

 

使った毛糸

 

今回使用した毛糸はこちら!

毛糸ピエロ コットンニィートS

 

綿100%でカラバリ豊富!

 

小物作りにおすすめです。

 

 

目と口の刺繍には

毛糸ピエロさんの純毛中細です。

 

ウールの毛糸で刺繍すると、柔らかい印象になります。

 

 

くまの編み方:動画

 

動画でクマのヘアゴムの編み方を公開しています。

35分ありますが倍速が少なめで、じっくりと見ながら編める展開です。

 

 

くまの編み方:構成

 

このくまの編み方はこのような構成でできています。

 

 

①本体(顔)を編む

②口周りパーツを編む

③鼻・口・目を刺繍する

④ゴムを付ける

 

 

 

便利アイテム

目を増やす箇所に印をつけるために

フリクションタイプのマーカーがあると便利です!

 

 

かぎ針編みで編み目を間違えないたった一つの裏ワザ

 

 

①本体(顔)を編む

 

始まりは3目のくさり編みです。

かぎ針編みでくさり編みを3目編んだ様子

次の段で細編みを編みやすくする為に、1号大きいかぎ針で編みます(ここでは5号)。

 

くさり編みが少し大きく編めるので、次の段で針が入れやすくなります。

 

このくさり編みを中心にぐるっと一周細編みを編み、だ円を作っていきます。

 

裏山を細編みします。

くさり編みの端まで細編みを編んだら、端の目は1目多く細編みを編みます(=2目編み入れる)。

かぎ針編みで細編みを4目編んだ様子

 

 

編地を180°回します。

かぎ針編みで細編みを編んだら、編み地を180度返します。

 

はじめに裏山を編んだので、次は目の頭(2本)を編んでいきます。

こちら側も、最後の目は1目多く細編みを編みます(=2目編み入れる)

 

 

2段目はこの楕円形をひと回り大きくしていきます。

かぎ針編みで細編みを楕円形に編んだ様子

1段目の編み終わり。2段目は一回り大きくします。

 

楕円形を大きくするには、

楕円の両端の丸いところに、2目編み入れて目数を増やしていきます。

かぎ針編みで楕円を編んでいます。2段目は楕円の両端に細編みを2目編み入れて一回り大きくしていきます。

 

 

両端は3目ずつあり、全部で6目あります。

 

2段目ではこの6目に2目ずつ細編みを編み入れ、

12目に増やします。

 

フリクションマーカーで印をつけながら編み進めると失敗せず編めますよ♪

 

3段目.4段目も増し目をして楕円を大きくします。

 

【3段目】

楕円の両端の6目ずつに、

2目編み入れる→1目

を繰り返し編んでいきます。

 

 

【4段目】

楕円の両端の6目ずつに、

2目編み入れる→1目→1目

を繰り返し編んでいきます。

 

 

5~9段目の5段分は、

増し目をせずに細編みを編みます。

 

 

9段目が編み終わると、袋状に仕上がります。

かぎ針編みで楕円を編み、袋状に編み終わったところ

 

耳を編むときは編地を半分に畳み、

この袋を閉じる様に編み進めます。

かぎ針編みでクマのマスコットを編んでいます。10段目では耳を編むために編み地を半分に折りたたんで細編みを編んでいきます。

つまり、

1目めと26目め

2目めと25目め

3目めと24目め……

というように、重なり合う目を一緒に編んでいくのです。

 

耳は中長編みを使って形作ります。

 

1つの目に9つの中長編みを編み、半円状に仕上げます。

 

かぎ針編みでクマのマスコットを編んでいます。10段目では耳を中長編みで編んでいきます。

 

【10段目の編み方】

1目め:細編み

2:飛ばす

3:中長編み9目

4:飛ばす

5〜9:細編み

10:飛ばす

11:中長編み9目

12:飛ばす

13:細編み

 

②口周りパーツを編む

 

クマの顔を立体的に仕上げるために

口周りのパーツを編み、縫い付けます。

 

二重の輪を作り、細編みを6目編みます。

かぎ針編みでクマのマスコットを編んでいます。口周りのパーツを細編みで編んでいる様子。

 

2段目はこの6目に2目ずつ編み入れ、

全部で12目の円にを編みます。

 

かぎ針編みでクマのマスコットを編んでいます。口周りのパーツを細編みで編み、2目ずつ編み入れる説明をしてるところ。

 

3段目は増し目はせず(=2目編み入れない)

1目に対し1目ずつ編みます。

かぎ針編みでクマのマスコットを編んでいます。口周りのパーツを細編みで編み、最後の引きぬき編みの位置を説明している画像。

引きぬき編みをして完成です。

 

関連記事

かぎ針編みの基礎レッスン【円の編み方後編】

 

 

糸端は20cmほど残して、本体に縫い付ける為に取っておきます。

 

口周りパーツを

・1段下

・真ん中の位置

にかがり縫いします。

かぎ針編みでクマのマスコットを編んでいます。口周りパーツの縫い付け位置を説明している画像です。

 

③鼻・目・口を刺繍する

 

細めの毛糸で顔のパーツを刺繍します。

 

まず鼻から縫います。

同じところに4回ステッチすると、こんもりと丸い鼻になります。

かぎ針を使ってクマのマスコットを編んでいます。顔のパーツを刺繍で縫い付けています。

 

続けて口を縫います。

かぎ針を使ってクマのマスコットを編んでいます。顔のパーツを刺繍で縫い付けています。

 

口角が上がるように縫い付けると可愛いです。

かぎ針を使ってクマのマスコットを編んでいます。顔のパーツを刺繍で縫い付けています。

 

目は一番大切なポイント!

おすすめの位置は

・3段下

・口周りから1目分離れた位置

です。

 

北欧っぽいクマさんの顔になりますよ♪

かぎ針を使ってクマのマスコットを編んでいます。顔のパーツを刺繍で縫い付けています。

 

 

糸端を始末してゴムを結びつけて完成です!

 

かぎ針編みでクマのマスコットを作っています。最後にゴムを結びつけてヘアゴムに仕立てている様子。

糸端を使ってゴムを結んでしまえば簡単につけることができます。

 

 

編み物教室pomponnerが編んだクマのマスコットの画像

素朴で愛らしいクマさんになりました♪

 

お子様の髪飾りにぴったり!

色違いでも可愛いですよ。

 

ぜひ作ってみてください♪

 

 

お子様向けにはこちらもオススメ!

基本のさんかく帽の編み方

 

-作品の作り方・中級
-, , ,

© 2020 我が子に編みたいかぎ針編みpomponnerポンポネ Powered by AFFINGER5