とんがり帽子の編み方〜準備編〜





夏にかぶりたい麦わら帽子を、お子様仕様にさんかくの形にしました。






かぎ針編みで作るさんかくの語りをした麦わら帽子の画像。細編みだけでsむのでかぎ針編み初心者でも無理なく編むことができます。

とんがった形がとってもかわいい!

これ、自分でも編めちゃうんです。しかもわりと簡単に!

コツとゲージを理解して、let’s try!





麦わら帽子を編む毛糸

夏素材の毛糸は色々出ていますが、

麦わら帽子を編むならこれがオススメです!

帽子を編む時には

・編みやすさ

・見た目の良さ(安っぽくないか・テカテカしない)

・使いこごち(すぐにへたらない・頭に馴染む)

などを考えてお好みの意図を選ぶと良いです。


中でも、上の毛糸ピエロさんのAmianは、色合いも自然で安っぽくない!
するする編めて、エコアンダリヤの様に糸が割れる事も変なテカリもありません。


お買い物マラソンなどでお得に買えるので、まとめ買いすると良いでしょう!

アミアンで編める帽子の数の目安は、
・大人用3〜5玉
・子供用2〜4玉

です。

ブリム(つば)が大きくなるほど使用数は多くなります。

また、

生産ロットによって色合いが大きく変わる事があるので
まとめて買うことを強くお勧めします!

買い足した時にロットが違って、帽子がツートンカラーになった・・という失敗が一番悲しいので。(経験あり・・・)

麦わら帽子を編む前に〜ゲージを取る〜

帽子以外の作品にも言える、失敗しない大原則です!

ゲージをとって、編み目の大きさを調べましょう!

今回は細編みの麦わらを作るので、細編みのゲージを調べます。
使用するかぎ針は、今回は6号です。

かぎ針編みでゲージを取る説明画像

20cmほどの細編みの正方形の編み地を作り、中央あたりの編み目10cmに
何目編み目があるか数えます。

『10cmあたり●目』『10cmあたり●段』。
これがあなたの今回のゲージです。

埼玉県所沢市のかぎ針編み教室pomponnerでのzpagettiレッスンの編み地12mm
細編みの編み地(例)

上の画像はアミアンで作った編み地ではありませんが、
アミアンでも同じ様に細編みの編み地を作ってゲージをとってみましょう。



今回の帽子のゲージは『10cmあたり16目15段』です。

あなたはどうでしたか?



16目より多ければ目が小さすぎ、少なければ目が大きすぎる、という意味です。



これは帽子のサイズに関係してくるので、
もしゲージが合わなければ16目に近づける様にかぎ針の号数を大きくor小さくする必要があります。

具体的には、
・ゲージが+2目以上(18目〜)の場合は7号に
・ 〃  −2目以下(14目〜)の場合は5号に 変えて
もう一度ゲージをとってください。

めんどくさいかもしれませんが、これが帽子のサイズを左右するとても重要なことなので、面倒臭がらず、もう一度編み地を編んでみましょう!

※±1目の場合は編む時の強さを変えてみましょう。
編む強さ(引っ張る強さ)でゲージが変わるので、1目程度の誤差は編み方を意識すれば調整できます。



今回はここまで!
次回から帽子を編み始める工程に入ります♩


READ  Tシャツヤーン基礎講座