作品の作り方・中級

かぎ針編みで縁を編む時のポイント:どうぶつポシェットの編み方③【ネコのポシェット】

どうぶつポシェットの編み方3回目です!

 

 

前回までの記事はコチラ!

どうぶつポシェットの編み方①【本体パーツ】

どうぶつポシェットの編み方②【共通パーツ】

 

本体と共通のパーツが作れたら、いよいよネコパーツを作って組み立てていきましょう!

 

ネコを作る為に編むパーツは耳だけですので、

①耳を編む

②組み立てる

 

の順に進んでいきましょう♪

 

 

ネコのパーツの編み方と組み立て方

 

動画にまとめました!

[su_youtube url=”https://youtu.be/-l5js7KZJr0″ width=”500″ height=”340″]

 

ネコの耳の編み方から見ていきましょう!

 

ネコの耳の編み方〜三角から縁編み〜

 

ネコの耳はくさり編みから細編みを編みます。

どうぶつポシェットのネコの耳を編んでいます。作り目は6目編みます。

 

段を追うにつれて減らし目をして、ピラミッドのようにさんかくを作っていきます。

どうぶつポシェットのネコの耳を編んでいます。だんだん減らし目をしてピラミッド状に編みます。

 

 

この時、とっても大切なポイントが

段の端に印をつける!

 

印をつける大切な理由についてはコチラ

かぎ針編みで編み目を間違えないたったひとつの裏ワザ

 

細編みでさんかくを編み終わったら、縁編みを編むのがこの耳の特徴です。

 

 

縁編みは端の目のどこに編むか

 

縁編みとは、編み地の周囲をぐるりと編むことです。

つまり、段の縦の部分も編んでいくことになります。

 

縦の部分とは、段によって、又編み地の左右によって形が違います。

 

編み始めを左下にした時、

編み地の1段目は

・左側=細編み

・右側=立ち上がり

 

2段目は

・左側=立ち上がり

・右側=細編み

 

というように、

往復編みで編んだ編み地は奇数段と偶数段で端の目が左右変わっていることがわかります。

細編みの編み地に縁編みを編む画像

 

とはいえどちらも立ち上がりと細編みです。

 

編み進めながら、端に来たら都度

・立ち上がりの半目と裏山

・細編みの足(裏と表1本ずつ)

にフリクションペンで印をつけましょう!

どうぶつポシェットのネコの耳を編んでいます。縁編みを編むために、段の端まで編めたら都度フリクションペンで印をつけます。

 

 

減らし目をしながら三角形に編んでいくので

途中2目一度の細編みが端に来るところがあります。

 

その時は2目一度の足(表3本)の一番左の足に印をつけます。

裏の足は普通の細編みと変わらず1本なので、裏の足にも同じように印をつけておきましょう!

どうぶつポシェットのネコの耳を編んでいます。減らし目は2目一度の細編みで編みます。

 

 

縁編みの方法

さんかくが出来上がったら縁編みを編みましょう!

 

縁編みは左下の編み始めの位置から矢印の方向に細編みで編みます。

どうぶつポシェットのネコの耳を編んでいます。縁編みは編み始めから編みます。

この時、新しく糸をつけて編み始めます。

 

どうぶつポシェットのネコの耳を編んでいます。縁編みは編み始めから編みます。

 

くさり編み6目あるうちの、1目めと6目め(両端)には

細編みを2め編み入れます

 

編み地を回して、縦の部分を縁編みします。

どうぶつポシェットのネコの耳を編んでいます。鎖編み部分に縁編みが編めたら編み地を回して縦の部分に縁編みします。

 

三角形を編む時に立ち上がり・端の細編みに印をつけておいたので

縁編みで拾う糸が一目瞭然!

どうぶつポシェットのネコの耳を編んでいます。縦の部分は印をあらかじめ付けておいたので糸を拾うのが簡単です。

順に拾いながら細編みを編んでいきます。

 

1周編めたら1目めに引き抜き編みをして完成です。

どうぶつポシェットのネコの耳を編んでいます。2枚同じものを編みます。

 

2枚作って、糸端は20cmほど残して切りましょう。

 

目の数をアテにしてはいけない!?

 

これで各パーツが全て揃いました!

・本体

・口周り

・目

・鼻

・耳

 

ここからはかぎ針は一旦置いて、とじ針を使います。

 

本体のポシェットを半分に畳み、メジャーを使って半分の位置を見つけましょう。

 

この時、目の数をアテにしてはいけません。

 

なぜなら、

かぎ針を筒状に編むと右利きの人は右斜めに、左利きの人は左斜めに斜行するからです。

 

※斜行せずに編む方法もありますが、ここではより簡単にポシェットを編むというのがひとつの目的なので割愛します。

 

どうぶつポシェットを組み立てています。本体の長さを測り、半分の位置に印をつけます。

 

ここでは12cmだったので、半分の6cmの位置にフリクションマーカーで印をつけました。

 

 

口周りを縫い付ける

 

まずは口周りを縫い付けます。

どうぶつポシェットを組み立てています。口周りパーツは真ん中の位置・入れ口から4段下にかがり縫いします。

真ん中の位置・入れ口から4段下に口周りの上部が来るようにかがり縫いをします。

 

どうぶつポシェットを組み立てています。本体とパーツはかがり縫いで縫います。

 

※この後につける目や鼻、耳も全てかがり縫いです。

 

鼻を縫った後、そのまま口を作ります。

どうぶつポシェットを組み立てています。かがり縫いで鼻と口が編めました。

 

目は鼻と同じ高さが可愛いですよ♪

どうぶつポシェットを組み立てています。目は鼻と同じ高さに縫います。

 

新しい糸でヒゲをつけます。

どうぶつポシェットを組み立てています。新しい糸を使ってヒゲを作ります。

 

耳の頂点は目と同じ位置にします。

どうぶつポシェットを組み立てています。ネコの耳は目と同じ位置になるようにかがり縫いします。

 

どうぶつポシェットを組み立てています。耳をつけて完成です。

完成しました!!

 

 

 

糸端の処理

 

糸端はどのパーツもポシェット本体の内側で処理します。

どうぶつポシェットを組み立てています。糸端はポシェットの内側で編み目に隠すように綴じます。

上の写真のように、糸端をポシェットの内側に出し、編み目に隠すように綴じます

 

目や鼻は色が違うので、表から綴じた跡が見えないように

編み目を少しずつすくいながら綴じましょう!

 

 

いかがでしたか?

細編みだけで作るどうぶつポシェットのネコ

 

細編みだけで作るどうぶつポシェット、今回はネコちゃんの耳と

組み立てのお話でした!

 

初心者さんにも簡単に作れる細編みだけのポシェットです。

ぜひ編んでみてくださいね♪

 

 

お子様向けにこちらもオススメ!

夏のとんがり帽~準備編~

夏のとんがり帽子①

夏のとんがり帽子②

夏のとんがり帽子③

 

 

 

-作品の作り方・中級
-, ,

© 2020 我が子に編みたいかぎ針編みpomponnerポンポネ Powered by AFFINGER5